ブログ

棟梁の仕事ブログ

<<前へ
rss

建築専門学校時代の友人の熊本地震復興古民家再生工事!

[仕事、現場、職人] 投稿日時:2018/09/13(木) 22:02

またもブログをサボり続けて本当に申し訳ありません。
最近、数日前の暑さが嘘みたいに涼しくなりましたね。
現場作業は、このくらいの気候のほうがやりやすいですよね(^^)

今日も、友人と造った阿蘇   はなびしの工事中の様子をアップしたいと思います。

この画像は、下屋部分の下り壁が出来る部分を設計変更して化粧吉野杉磨き丸太を入れる為
鴻の巣と言う仕口を取った写真です。丸太の刺さる部分を1センチ位に輪切りしてその大きさと形を彫ります。
それによって化粧丸太が隙間なく柱に刺さるようにするための仕口です。

この画像は、鴻の巣と言う仕口を4箇所彫って4mと6mの吉野杉の化粧磨き丸太を
納めた様子の写真です。下屋の化粧垂木と化粧丸太が目立ち雰囲気が丸太を入れた事によって
ガラッと変わりました。

次のブログでも内装造作の様子をアップしたいと思います(^^)

 

建築専門学校時代の友人の熊本地震復興古民家再生工事!

[仕事、現場、職人] 投稿日時:2018/08/22(水) 15:36

毎日暑い日が続き現場での仕事はかなり過酷な状態です。
30分に1度位小休憩して水分補給しないと汗が大量にでる為本当に熱中症に
なりそうです。

さて今日も友人と造った阿蘇  はなびしの工事の様子をブログにアップしたいと思います。

この写真は、友人が自分で焼いた焼杉板とササラ子を取り付けて鎧張りが完了した様子の写真です。
新しく張ったのですが本当に趣きがありなんとも言えない渋さがありますよね。
友人は、やっぱり焼いて正解やね!と自画自賛していました(^^)

この写真は、日が暮れた後に鎧張りの壁を撮った様子です。
夜は夜でまた雰囲気が違いますよね~(^^)

次のブログではいよいよ内部の仕上げの様子をアップしたいと思います。

建築専門学校時代の友人の熊本地震復興古民家再生工事!

[仕事、現場、職人] 投稿日時:2018/08/08(水) 19:14

最近記録的な暑さで日陰を求めている自分がいます。
スポーツドリンクなどをコンビニによく買いに行くのですがコンビニには
庇が出た造りの建物が少なく庇があるコンビニを探して止まっている感じです。
こんな事を思っているとやはり私がいつも言っている昔ながらの軒の長い家がいいような気がします。

さて今日も友人と造った阿蘇  はなびしの工事中の様子をアップしたいと思います。

少しわかりづらいとは思いますがこの写真は鎧壁の杉板を張り始めた様子の写真です。
この杉板も友人とあーでもないこーでもないと言いながら2人で張っていきました(^^)

この写真もわかりづらいとは思いますが基準のささら子を両端に仮止めして定規代わりに
杉板を張っている様子の写真です。
杉板の寸法が1枚1枚少しづつ違うのでささら子を定規にして1枚づつ丁寧に張っていきました(^^)

 

建築専門学校時代の友人の熊本地震復興古民家再生工事!

[仕事、現場、職人] 投稿日時:2018/07/22(日) 13:07

またまた久しぶりのブログ更新ですみません。



この間の西日本豪雨災害凄い被害が出てますが



建てる方の私達もお客様が建てる土地、その土地柄なども考えて



建てないといけないですね。自然の猛威は近年凄いですよね。







さて今日のブログも友人と造った阿蘇  はなびしの工事中の様子をアップしたいと思います。





この写真は、鎧壁のささら子をバーナーで焼いている様子の写真です。

設計は焼杉ではかったのですが友人が焼杉が良いと言い出し誰が焼くと?と聞くと

俺が焼く!とバーナーも自分で段取りして杉板とささら子を友人の親父さんと友人とで焼き上げました(^^)

凄い親子ですね。

私も焼杉をバーナーで焼いたのは初めてだったのですが結構綺麗に焼けるのですね。
焼いていない7寸幅の杉板だったのですがとても良い仕上がりになってました(^^)

次のブログでは焼杉を張っている様子をアップしたいと思います。

建築専門学校時代の友人の熊本地震復興古民家再生工事!

[仕事、現場、職人] 投稿日時:2018/07/07(土) 22:16

またまた久しぶりの更新になってしまって申し訳ありません。
最近は、長男坊が野球の試合に出るようになり野球大好きな私にとって
週末が来るのが待ち遠しい思いをしながら仕事しています。
まだ試合でクリーンヒットを打った事がないのでなんとか一本クリーンヒットを
打ってくれて自信になれば子供の伸び代は半端じゃないので一皮むける様な気がして毎日
素振りに付き合っています。

今日も友人と造った阿蘇  はなびしの外装の鎧壁のササラ格子を造っている
様子をブログにアップしたいと思います。

この画像は、私が電気丸ノコである程度切込みを入れた後友人が叩きノミを使って
ササラ格子を刻んでいる様子の写真です。

この画像もササラ格子の焼杉板があたる部分を突きノミで仕上げている様子の写真です。
もうここまできたら大工さんですね。でも本当に助かりました。

この画像は、友人が自分で刻んだササラ格子が焼杉板と合うか仮組みした様子の写真です。
友人と『いいねぇ~(^^)』と言いながら造ったのを思い出します。


 
«前へ
キャンペーン情報
住宅業界ニュース
新商品紹介