ブログ

rss
<<前へ 次へ>>

約40年前に改修工事したお宅の外装修繕工事棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2019/02/01(金) 06:16

今日、ブログにアップする工事は約40年前に父が増改築したお宅です。
大手ハウスメーカーで建てた家を約40年前に増改築して以来ずっと
白木建設に依頼してくださるお客様です。

工事の内容は、外壁のモルタルが剥がれているので部分的に修繕して
約40年間使ったウッドデッキが白蟻にやられてボロボロになったので修繕工事して元通りにします。
この写真、一応着工前で撮ったのですがウッドデッキの手摺の損傷がひどく危なかったので
現場に入ってすぐに壊してしまった後の写真です。
写真の右上のバルコニーの床付近の壁が落ちているのがわかります。

この写真は、外装のモルタルを部分的を剥がして下地を組み直して
外装のモルタルの剥がれた部分から水が入って腐食した部分を補修して
サイディング張りを完了した写真です。
水が浸入した為写真右側の柱も腐食と白蟻に害された為柱の半分くらいまで
腐食していたので支保工などで2階の桁をつぱった状態で補強したので
作業を急いでした為写真を撮ることができませんでした。

次のブログもこのお宅のウッドデッキの修繕工事の様子を見てアップしたいと思います。

 

薪ストーブ最高!棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2019/01/20(日) 09:37

白木建設の最近は2年9ヶ月前に棟上げした私の自宅の内装工事をしています。
家を建てる構想の時から念願だった薪ストーブを設置しました。
今もなお本格的な手刻みをした家が本物と信じて家を建てているので
木材を刻んだ切れ端はいくらでも出ます。薪には不自由しないので自分の家には
絶対に薪ストーブを付けるのが夢でした。しかもまだ完成してないのに
自分の家という事で我慢が出来ず薪ストーブを設置して火入れ式をして薪ストーブを
焚いてみました(^^)

お酒などを御供えして火の用心と安全祈願をして火入れ式をしました。
耐火壁などは仕上がっていますが床などは仕上がってないのですが自宅という事で
薪ストーブを焚いてみることに。

ワクワクしながらカンナ屑と同級生の和食屋の大将からもらった使用済みの割り箸と
手刻みで出た材木を割った薪を重ねてカンナ屑に火をつけるとパチパチと燃え出し
一気に燃えあがりました。もっと火が着くまであおいだりしないといけないのかと
思っていましたが何もしなくてもすぐに燃えてくれました。

火をつけたのが3時頃だったので薪ストーブの上でコーヒーを温めて休憩したのですが
火を見ながらコーヒーを飲みながら休憩って本当に最高です。仕事中というのを忘れるくらいです。
当然のように親父が特等席を陣取っています(^^)親父も俺の家にも付けろうかなぁ~。っと
つぶやいていました(^^)この日はちょうど気温も下がり寒かったのですが家の中は暖かく
仕事していると暑くて上着をドンドン脱いでいました。

私も長い時間実感したのは初めてですが薪ストーブって本当にいいものです。
少しでも興味ある方は絶対に付けた方がいいと思います。
私も薪ストーブ付けてよかった(^^)  薪ストーブ最高~!


 

初詣!棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2019/01/12(土) 21:49

この間、宗像大社に初詣に行って来ました。
私は、35歳過ぎた頃から初詣に行くようになりました。
しかし、ここ5年前くらいから身内の不幸事などが重なり
昨年の年始からまた初詣を再開しました。
昨年は、阿蘇神社で初詣して今年も阿蘇神社で初詣して来たのですが、
地元の宗像大社に5年ぶりくらいに初詣に行って来ました。

5年ぶりに宗像大社に行くと重要文化財の神殿が綺麗に改修されていました。
屋根の檜皮葺と棟の銅板や破風が綺麗に改修されていました。
日頃の感謝の思いを参拝して帰って来ました。

さて今年はどんな年になるかワクワクしながら休みを過ごしましたが
もう始まっています!今年も自分に任された仕事を魂込めてしっかりやりたいと思います!
 

思い立ったらやらなきゃ気が済まない弟!棟梁のファミリーブログ

投稿日時:2019/01/08(火) 06:11

昨年末の話です。餅つきが終わり仕事の合間、合間に餅つきの片付けをしていたのですが
29日の朝、私が作業場に行くとまた釜を持ち出し火を焚いて何やら作業をしている弟の姿が!
私が『朝からなんしょうと?』と聞くと弟が『はぁ?ラーメン作ってみたいけん、朝6時半から
作業しよったい!』っと気合いの入った返答が!私が『そんな簡単にうまいラーメンが作れるとか?』
というと弟が『もしうまいラーメンが出来たら食わせんけんね!』というので
私が『まづかったら絶対食べんけんね~』と言うと弟が『まぁ楽しみにしときない!』というので
作業風景を撮って仕事に行きました。

せっかく片付けた餅つきの道具をまた引っ張り出してきて朝から火を焚いていました。

私が来た時にはすでに豚骨のゲンコツと言われるもの煮込んでいる状態でした。

この画像は、りんごを4つ切りにしている写真です。ネットか何かで調べたんでしょうね(^^)
全くやったことないのによくラーメン作ろうと思ったなぁ?と感心しながら仕事に行きました。
作業場を出る前は豚骨の匂いと言うよりなんかとてもいい匂いがしていたので少し期待して
作業場を出ました(^^)

夕方仕事から帰って来ると豚骨スープが出来ていました。
私が『うまいか?』と聞くと朝とは違い小さな声で『微妙~?』と。
とり皿に少しとりスープを飲んでみると本当に塩気もなく
生姜が効き過ぎてとてもラーメンとは言えない味。
ここからは兄弟力を合わせとりあえず塩気が無いので塩を入れてスープを飲んでみると
『おおっ!』ちょっと良くなったような?少しコクがないようなとか2人で
話ながらラードを入れてみる?とか言いながらラードを入れてスープを飲むと
また『おおっ!』少し良くなったので麺を茹でて食べてみることに。

即席麺を茹でて(^^)

朝から煮込んでいたチャーシューを切ってドンブリにニンニク醤油を少し入れて
スープと麺とチャーシューを投入!

少し期待しながら食べてみるとそりゃそうですよね(^^)
とてもお金を頂けるような味ではないですがマズくて食べれないほどでもなく
1回目にしてはよく出来ました!って感じですかね(^^)

とはいえ子供達には美味しいラーメンだったみたいで4人共おかわりしてお腹いっぱいになるまで
食べてました(^^)
第1回目のラーメン作りは失敗に終わりましたが思い立ったらやらなきゃ気が済まない弟がいつラーメン作ると
言い出すか期待している自分がいるのはなぜでしょう?(^^)





 

久しぶりの白木建設餅つき!棟梁のファミリーブログ

投稿日時:2019/01/07(月) 18:38

昨年末に4年ぶりに白木建設餅つき大会を開催したので
ブログにアップしたいと思います。


私の同級生と後輩と弟の会社の同僚などが集まって朝10時頃から餅つき開始です。
もち米を蒸す釜が2つ、湯沸かし釜を備えてバーベキューをしながら餅つきです。

この画像は、久々登場の長男坊が餅をついている写真です。
さすがに昨年の2月から野球を始めたので力がついたのか力強く餅をついていました。

この画像は、親父が餅をついて弟が餅をこねている写真です。
親子で餅つきが出来るなどなかなかないと思いますが白木家は私の祖父の代から
餅つきはやっていたので段取りから餅米蒸しから餅つきまで親子揃えばなんとか
できるようになっています。これも子供の代まで続けていきたいと思います。

つきたての餅をちぎって丸めるのは私の母や私のカミさん弟の嫁さん女の子の子供達
女性軍の仕事です。重さにして50キロ、臼にして35臼11時頃からつき出して
3時過ぎまでかかってつき終わりました。さすがに疲れました。
しかし、これも日本の文化!絶対に無くしてはならない日本の年末風景と思います。
日本人に生まれた以上日本の良い文化や伝統的なものは子供の世代に残していきたいと
思います。

 
<<前へ 次へ>>
キャンペーン情報
住宅業界ニュース
新商品紹介