ブログ

rss
次へ>>

ウミング大島!棟梁のファミリーブログ

投稿日時:2014/08/23(土) 12:19

7月の末に子供会でウミング大島に行った時の写真です。
イカが高速で廻っとるねぇ~^_^
子供達も興味深々です(^^)それはそうでしょう!海沿いでないと見られませんよねぇ~。うちの長男坊は、近くに行って『くっせ~、くっせ~、くっせ~』っと連発してました~(^^)
この後、波止場で釣りやBBQをしたのですが子供達より私が釣りに夢中になり写真撮るの忘れてしまいました~^o^
大島で一日中遊んで子供達も満足そうでした~。

柱のボソの長さ!棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2014/08/22(金) 12:20

今日は、柱のボソの長さを紹介しますね。
柱のボソの長さが約10センチ以上ありますねぇ~。プレカットのホゾより約3センチほど白木建設のホゾの方が長いです。長いといういことは当然引き抜けに対し抜けにくいということになりますよね。白木建設は全ての家にこのホゾ長さを採用しています。
拡大して撮った写真です。ホゾが長いとしっかり叩きこまないと入りません。ということは抜けにくいということです。やっぱり家は丈夫で長持ちでないといけませんよねぇ~^_^

柱のホゾ!棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2014/08/19(火) 12:29

今日は、柱のホゾで特殊な重ボソと言う仕口を紹介しますね~。
この写真が重ボソの墨付けした状態です。これから刻んでいきます。
重ボソが刻み終わりました!この写真が正面から写した状態です。
この写真が横から写した状態です。
以前ブログで梁のボソ穴を刻んでいる様子をアップしましたよね?あのホゾ穴に3本ある重ボソの中で1番細い重ボソがあの梁に差さります。また現場で納まった状態をアップしますね~。
 

虹梁(こうりょう)の差し合わせ!棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2014/08/16(土) 11:16

今回は、虹梁(こうりょう)の差し合わせをアップしますね~。
この画像が、虹梁の仕口です。これも二枚ボソになっています。
これも柱とピッシャリ引き寄せられています。この虹梁は、敷き梁を受けるので桁天端から尺五寸ほど下に差さっています。敷き梁の高さにバッチリ合う様になっています。
全体から写した状態がこの画像です。この虹梁の上に敷き梁がピッシャリと納まります。これもこの状態の写真じゃわかりにくいので現場で納まった状態をまたアップしますね~。

俺の誕生日!棟梁のファミリーブログ

投稿日時:2014/08/16(土) 11:03

7月に私の誕生日だったんですが、長女と次女とカミさんでケーキを作ってくれました~。普段仕事から帰って来るのが遅くなかなか遊んであげられませんが4人とも私によくなついてくれて帰って来たら『パパ~』っと言って玄関まで出迎えてくれます。いつまで続くかわかりませんが大きな病気もせずスクスク育ってくれて子供達とカミさんに感謝です。
父ちゃんまだまだ頑張りますけん子供達よ!しっかり遊んでしっかり食べて少し勉強して立派な大人になれよ~!

とうとう40歳になってしまった私ですが気持ちは20歳のままなので仕事も趣味も家族も頑張りまっせ!
カミさん子供達よ!こんな親父やけどずっとよろしく!そしてありがとう!
次へ>>
住宅業界ニュース