• トップ
  • 注文住宅施工例一覧
  • 【宗像市 I様邸】 白木建設 伝統工法木組みで造る外観は南国リゾート風洋風住宅(棟上げ、小屋組み編) リクシルメンバーズコンテスト2013 敢闘賞受賞作品

注文住宅施工例一覧

【宗像市 I様邸】 白木建設 伝統工法木組みで造る外観は南国リゾート風洋風住宅(棟上げ、小屋組み編) リクシルメンバーズコンテスト2013 敢闘賞受賞作品

外観はお洒落なデザインでかりんの板がワンポイントではってあります。(木の家)

施工のポイント
昔ながらの手刻みした材木を木材のみで釘を使わず組み上げていきます。組みあがった後も金物を使わなくても木組みだけで強度を出します。
お客様の喜びの声
宗像市にある白木建設から車で7分のI様邸。これだけの構造材を使って手刻みして、この家の建築費は他の工務店と変わらないんですよ。
なぜ白木建設はこんなに安くできるのか?それは自社の規模の大きさが小さい為営業マンや事務員さんもいません。だから経費や広告費などを最小限に抑えられます。その抑えた金額分でいい材料を使い、いい仕事をします。それから自社で出来ることはすべて自社でやります。ちょっとした土工事や新築後の外構工事などその他建築工事も自社でやります。この家の外構工事も自社で行いました。ほとんどのお客様が出来上がった自分の家と建築費を見て満足して頂けますよ。

施工例写真

① 基礎工事完成の全景写真です。もちろんベタ基礎で土台は桧です。

① 基礎工事完成の全景写真です。もちろんベタ基礎で土台は桧です。

② いよいよ棟上げです。この家も大黒柱を採用しているのでまず一番に大黒柱に差さる梁を大黒柱に差した状態でクレーンでつり上げて定位置に納めます。

② いよいよ棟上げです。この家も大黒柱を採用しているのでまず一番に大黒柱に差さる梁を大黒柱に差した状態でクレーンでつり上げて定位置に納めます。

③ この大黒柱に合計8本の梁、野物、桁などの構造材がかかります。家の中心であり、一番力がかかる大事な柱です。一家の大黒柱は、昔から丈夫で大きなものでした。(頑固親父もですよね?(笑))

③ この大黒柱に合計8本の梁、野物、桁などの構造材がかかります。家の中心であり、一番力がかかる大事な柱です。一家の大黒柱は、昔から丈夫で大きなものでした。(頑固親父もですよね?(笑))

④ リビングの天井に化粧で出てくる太鼓梁です。後から木材が乾燥して縮んでも取合い部の隙間が空かないように少しきつめに加工が施されています。なのでご覧のように大きなカケヤでしっかり叩き込まないと入りません。上で叩き込む大工さんも大変です。

④ リビングの天井に化粧で出てくる太鼓梁です。後から木材が乾燥して縮んでも取合い部の隙間が空かないように少しきつめに加工が施されています。なのでご覧のように大きなカケヤでしっかり叩き込まないと入りません。上で叩き込む大工さんも大変です。

⑤ 大黒柱が建って立ちが決まると外回りの桁を納め内側の胴差しを納めていきます。普通の建て方はこの時点で仮筋交いが10本近く打ってあります。白木建設の建て方はどうですか?まだ一本も打っていません。なぜならホソも長いし、揺れ過ぎず、しなやかに揺れるように、木を活かして組んでます。ですから自然に真っ直ぐ立つように造られているのです。だから仮筋交いを打ってないんですよ~。仮筋交いは桁まで組みあがった状態で柱が垂直に立っているのを見て打ち付けます。

⑤ 大黒柱が建って立ちが決まると外回りの桁を納め内側の胴差しを納めていきます。普通の建て方はこの時点で仮筋交いが10本近く打ってあります。白木建設の建て方はどうですか?まだ一本も打っていません。なぜならホソも長いし、揺れ過ぎず、しなやかに揺れるように、木を活かして組んでます。ですから自然に真っ直ぐ立つように造られているのです。だから仮筋交いを打ってないんですよ~。仮筋交いは桁まで組みあがった状態で柱が垂直に立っているのを見て打ち付けます。

⑥ このころになると雨も上がり晴天になりました。棟上の時、朝雨が降ると振込みと言って(この家に金が振り込むといって)大工さんは雨が降っても悪くは言いません。(ちょっと強引な気はしますが・・・。)化粧の梁がキレイですね~。

⑥ このころになると雨も上がり晴天になりました。棟上の時、朝雨が降ると振込みと言って(この家に金が振り込むといって)大工さんは雨が降っても悪くは言いません。(ちょっと強引な気はしますが・・・。)化粧の梁がキレイですね~。

⑦ いよいよ棟が上がります。この瞬間は墨付けして手刻みした棟梁には何とも言いようのない気持ちがこみ上げてきます。何回建ててもこの瞬間はいいものです。

⑦ いよいよ棟が上がります。この瞬間は墨付けして手刻みした棟梁には何とも言いようのない気持ちがこみ上げてきます。何回建ててもこの瞬間はいいものです。

⑧ 最後の棟木を納めると棟上完了です。このころになると大工さんたちもカケヤを振った疲労で手が痺れてきます。

⑧ 最後の棟木を納めると棟上完了です。このころになると大工さんたちもカケヤを振った疲労で手が痺れてきます。

⑨ 最近では本当に少なくなった餅投げです。この家の時もたくさんの方たちが集まって頂き棟上をお祝いして頂きました。

⑨ 最近では本当に少なくなった餅投げです。この家の時もたくさんの方たちが集まって頂き棟上をお祝いして頂きました。

⑩ 小屋組みの写真です。白木建設はこの小屋組みが標準仕様です。<br />
下から梁、二重梁、三引き、高梁、棟木となります。

⑩ 小屋組みの写真です。白木建設はこの小屋組みが標準仕様です。
下から梁、二重梁、三引き、高梁、棟木となります。

⑪ 梁組の写真です。原木に近い木材をきれいに重ねて組まれているでしょう。これが後から家にとっていい仕事をしてくれるんですよ~。

⑪ 梁組の写真です。原木に近い木材をきれいに重ねて組まれているでしょう。これが後から家にとっていい仕事をしてくれるんですよ~。

⑫ 高さの違う梁と桁が複雑に組んであります。これは木組みをする前に全て計算されているんですよ。図板を見れば全てがわかるようにしてあります。<br />
お施主様が見られてもまったくわからない様子です(笑)

⑫ 高さの違う梁と桁が複雑に組んであります。これは木組みをする前に全て計算されているんですよ。図板を見れば全てがわかるようにしてあります。
お施主様が見られてもまったくわからない様子です(笑)

⑬ 野物、梁、桁と化粧で天井に出てくる部分です。よく計算して組んであります。普通は梁は屋根裏にあるのですが白木建設は敷き梁方式により梁を下に持ってきて天井を水平に組んで仕上ます。

⑬ 野物、梁、桁と化粧で天井に出てくる部分です。よく計算して組んであります。普通は梁は屋根裏にあるのですが白木建設は敷き梁方式により梁を下に持ってきて天井を水平に組んで仕上ます。

⑭ これも化粧で出てくる梁組みです。複雑に組み合わせることによって上からの荷重だけでなく、ねじれにも対応して十字に組んでいます。

⑭ これも化粧で出てくる梁組みです。複雑に組み合わせることによって上からの荷重だけでなく、ねじれにも対応して十字に組んでいます。

⑮ 少し色が濃い受桁はこの家のご主人の祖父が70年前に建てた家に使ってあったものを今回この家に使いました。

⑮ 少し色が濃い受桁はこの家のご主人の祖父が70年前に建てた家に使ってあったものを今回この家に使いました。

⑯ この家は梁、二重梁など原木に近い梁を17本位使っています。最近の家は合理化、システム化といって太鼓梁を使いませんが本当に力持ちなんですけどね。

⑯ この家は梁、二重梁など原木に近い梁を17本位使っています。最近の家は合理化、システム化といって太鼓梁を使いませんが本当に力持ちなんですけどね。

⑰ 分かりにくいとは思いますが下側の左から右に入っているのが三引き(さんびき)、その上に十字に入っているのが高梁(こうりょう)、その上に高梁と平行に入っているのが棟木(むなぎ)です。わかりますかね~。<br />
こういう風に組んでないと長い年月、常時かかる瓦の荷重に耐えられませんし、地震のような短期の強い揺れにも耐えられません。<br />
白木建設の建てた家は、数年前の西方沖地震の時、和白に建築中の家と宗像の数々の竣工後の家も無災害でした。その時、絶対にこの小屋組みが強いという事を証明してくれました。だからクドイようですけどこの小屋組みを何度も紹介しているのです。

⑰ 分かりにくいとは思いますが下側の左から右に入っているのが三引き(さんびき)、その上に十字に入っているのが高梁(こうりょう)、その上に高梁と平行に入っているのが棟木(むなぎ)です。わかりますかね~。
こういう風に組んでないと長い年月、常時かかる瓦の荷重に耐えられませんし、地震のような短期の強い揺れにも耐えられません。
白木建設の建てた家は、数年前の西方沖地震の時、和白に建築中の家と宗像の数々の竣工後の家も無災害でした。その時、絶対にこの小屋組みが強いという事を証明してくれました。だからクドイようですけどこの小屋組みを何度も紹介しているのです。

⑱ この形が白木建設の標準仕様の小屋組みです。下から桁、二重梁、三引き、高梁、棟木となります。見るからに頑丈そうじゃないですか?

⑱ この形が白木建設の標準仕様の小屋組みです。下から桁、二重梁、三引き、高梁、棟木となります。見るからに頑丈そうじゃないですか?

物件スペック

工法 在来木造軸組(木造在来)
丸太組工法