リフォーム施工例

【宗像市 M様邸】 勝手口のアプローチにスロープと手すりの施工 白木建設

アプローチスロープに手すり取付(バリアフリーリフォーム)

お客様のご要望
足を痛めた為、歩行が困難だった勝手口アプローチにスロープと手摺を設けてほしい。
受注のキッカケ
OBのお客様で介護保険を使うので急いで申請して工事をしてほしい。との依頼でした。弊社はちょうど忙しく介護保険申請に時間がかかるので登録業者に依頼して頂くように要望したのですが、お客様の強い要望で発注して頂きました。
本当にありがたいです。
施工のポイント
お客様が使いやすいようにスロープの勾配を最もゆるくなるように設計し、土工事から型枠工事、コンクリート工事全て直営社員で施工します。
お客様の喜びの声
介護保険申請も速やかにして頂き、退院にも間に合って歩きやすくしてもらい本当にありがとうございました。と言って頂きました。

施工例写真

この写真がスロープの始まり部分の着工前の写真です。

この写真がスロープの始まり部分の着工前の写真です。

この写真が一つ角を曲がった部分の着工前の写真です。これでは、足を痛めたお客様が歩行するには困難ですよね。

この写真が一つ角を曲がった部分の着工前の写真です。これでは、足を痛めたお客様が歩行するには困難ですよね。

この写真がスロープの角を2つ曲がった部分の勝手口前の着工前の写真です。<br />
こちらも歩行するには困難な勝手口です。この勝手口へのアプローチを今回手摺付きのスロープに改修します。

この写真がスロープの角を2つ曲がった部分の勝手口前の着工前の写真です。
こちらも歩行するには困難な勝手口です。この勝手口へのアプローチを今回手摺付きのスロープに改修します。

まずはスロープの掘り方工事です。スロープが動きにくいように両端を深基礎にします。そのため両端を少し深く掘っています。

まずはスロープの掘り方工事です。スロープが動きにくいように両端を深基礎にします。そのため両端を少し深く掘っています。

こちらも掘り方工事です。向かって右側は犬走りがあるため左側のみ深基礎です。この現場の掘り方工事は機械が入らないためすべて手堀で行ないました。

こちらも掘り方工事です。向かって右側は犬走りがあるため左側のみ深基礎です。この現場の掘り方工事は機械が入らないためすべて手堀で行ないました。

こちらも掘り方工事です。勝手口入り口付近の掘り方工です。ここも既存の犬走りがある為片方だけ深基礎です。

こちらも掘り方工事です。勝手口入り口付近の掘り方工です。ここも既存の犬走りがある為片方だけ深基礎です。

型枠を入れてスロープ部分にクラシャーランという砕石を敷均し、割れ止めのメッシュ筋を入れて生コンクリートの打設ができる状態になりました。

型枠を入れてスロープ部分にクラシャーランという砕石を敷均し、割れ止めのメッシュ筋を入れて生コンクリートの打設ができる状態になりました。

こちらも型枠建て込み完了の写真です。

こちらも型枠建て込み完了の写真です。

いよいよ生コンクリート打設工事です。当然機械も入らないので1輪車で弟子君と2人で競争しながら運びました。左官の均し作業は代表の仕事です。3人いればどんな作業もできますよ~。

いよいよ生コンクリート打設工事です。当然機械も入らないので1輪車で弟子君と2人で競争しながら運びました。左官の均し作業は代表の仕事です。3人いればどんな作業もできますよ~。

生コンの打設も終わり金鏝押え工の状況です。スロープなのであまりツルツルには仕上げません。

生コンの打設も終わり金鏝押え工の状況です。スロープなのであまりツルツルには仕上げません。

スロープの生コン打設完了写真です。

スロープの生コン打設完了写真です。

スロープの生コン打設完了写真です。

スロープの生コン打設完了写真です。

スロープの生コン打設完了写真です。

スロープの生コン打設完了写真です。

スロープに手すりを設けて完成です。

スロープに手すりを設けて完成です。

スロープに手すりを設けて完成です。

スロープに手すりを設けて完成です。

スロープに手すりを設けて完成です。

スロープに手すりを設けて完成です。

スロープに手すりを設けて完成です。<br />
もともとあったビワの木を型枠を入れて残してスロープを造りました。

スロープに手すりを設けて完成です。
もともとあったビワの木を型枠を入れて残してスロープを造りました。

物件スペック

地域名 宗像市
家族構成 大人2人
工事期間 2日
工事概算金額 30万円~
築年数 35年