宗像市で省エネ住宅エコポイント、入母屋・純和風・平屋なら白木建設(宗像建築組合員・九州土壁の家懇話会会員)

福岡県宗像市冨地原1361-6

090-2854-1867(ホームページ管理者)

営業時間:午前8時から午後6時

リフォーム施工例リフォーム施工例

【熊本県 阿蘇市 古民家レストラン 阿蘇 はなびし】建築専門学校時代の友人の熊本地震復興古民家店舗再生工事 (搬入 土台敷き 建て方編) (宗像市 白木建設)

阿蘇 はなびし 上棟完了画像(古民家再生)

お客様のご要望

熊本地震で被害を受けた92年前に建てられた大正時代の建物の構造体を一度丁寧に生捕り解体して補強をして組み直しもう100年持つ建物に再生して欲しい。
と友人に言われ職人魂に火を着けられました。

受注のキッカケ

建築専門学校時代の友人が経営している大正時代の建物の店舗が熊本地震で被害を受け半年経っても「古民家再生出来る。」と言う大工さんが復興支援の関係もあり見つからないと友人から連絡があり一度現場を見に来てもらえないかというので宗像から視察に行くと「どう?出来る?」と言うので「出来んことはないけど」と言うと「じゃあお前せぇ!」と言われ言葉で言われた訳ではありませんが
「俺を助けてくれ!」というような感じが伝わって来たので「やったろうやないか!」と受注しました。

施工のポイント

2016年4月に発生した熊本地震で大正時代の建物で友人の店舗が被災したのですがこの店舗を当初建物全体をジャッキアップして基礎を造りその上に建物を降ろして内外装工事をする案が上がっていたのですが、ジャッキアップした建物の下での基礎工事が困難ということで建物の構造体を丁寧に一度解体して補強を施して立派に再生しました。

お客様の喜びの声

まだ工事中ではあったのですが一度解体して使える木材はそのまま使い、使えない木材は新しくして補強して棟上げした時、友人が「すげ~!すげ~!」と言ってくれ外装工事が完成して足場を解体した時も「あんた!すごいもん造ったなぁ~!」と言われ鳥肌が立ちました。全て完成した時は「完成した瞬間から文化財や!」ととても喜んで頂きました。

施工例写真

  • ①宗像の弊社の作業場で刻み終えた梁や桁などをきれいに積み上げて搬出の時を待ちます。 ①宗像の弊社の作業場で刻み終えた梁や桁などをきれいに積み上げて搬出の時を待ちます。
  • ②構造材を刻み終えたら先発隊が一足先に阿蘇に入り土台を敷き材木搬入と建て方工を待ちます。 ②構造材を刻み終えたら先発隊が一足先に阿蘇に入り土台を敷き材木搬入と建て方工を待ちます。
  • ③土台が敷き終わると構造材を搬入します。 ③土台が敷き終わると構造材を搬入します。
  • ④桁や梁、大黒柱を最初に組まないといけないのですぐ取り出せるように搬入しています。 ④桁や梁、大黒柱を最初に組まないといけないのですぐ取り出せるように搬入しています。
  • ⑤いやいよ建て方工の開始です。まず西側の桁を建てると大黒柱と梁を寝かせた状態で差し、呼び栓を打ち込んで梁を大黒柱に差した状態で吊り上げて桁のアリを切っている所に打込みます。 ⑤いやいよ建て方工の開始です。まず西側の桁を建てると大黒柱と梁を寝かせた状態で差し、呼び栓を打ち込んで梁を大黒柱に差した状態で吊り上げて桁のアリを切っている所に打込みます。
  • ⑥大黒柱に梁を差した状態で吊り上げ桁にカケヤで打込んでいる様子です。阿蘇門前町商店街にカケヤで打込んでいる乾いたコーン!コーン!と小気味よい音が響きわたっていました。 ⑥大黒柱に梁を差した状態で吊り上げ桁にカケヤで打込んでいる様子です。阿蘇門前町商店街にカケヤで打込んでいる乾いたコーン!コーン!と小気味よい音が響きわたっていました。
  • ⑦大黒柱と西側の桁がつながりガッチリ組まれました。
この後外回りの桁を起こしていき梁を掛けていきます。 ⑦大黒柱と西側の桁がつながりガッチリ組まれました。
    この後外回りの桁を起こしていき梁を掛けていきます。
  • ⑧大黒柱に梁が差さって納まった状態をアップで撮ってみました。
今もなお私が記した上棟年月日やお施主様の名前や携わった大工さんの名前や私の思いなどが大黒柱の中に刻まれています。 ⑧大黒柱に梁が差さって納まった状態をアップで撮ってみました。
    今もなお私が記した上棟年月日やお施主様の名前や携わった大工さんの名前や私の思いなどが大黒柱の中に刻まれています。
  • ⑨組み上がった西側の桁と通し柱の引きボソの継ぎ手部分です。
ここにも私の大工としての思いを刻み込んでいます。
内容は「伝統を伝承し伝説を目指す!」という思いを略して
伝統 伝承 伝説と私が建てた家にはどこかに必ず刻み込んでいます。 ⑨組み上がった西側の桁と通し柱の引きボソの継ぎ手部分です。
    ここにも私の大工としての思いを刻み込んでいます。
    内容は「伝統を伝承し伝説を目指す!」という思いを略して
    伝統 伝承 伝説と私が建てた家にはどこかに必ず刻み込んでいます。
  • ⑩朝8時から17時まで作業して1日半でここまで組み上がりました。通し柱と管柱まで立てた状態でこの日の昼休みの様子です。
よく見ると新材と古材が入り混じって組まれています。 ⑩朝8時から17時まで作業して1日半でここまで組み上がりました。通し柱と管柱まで立てた状態でこの日の昼休みの様子です。
    よく見ると新材と古材が入り混じって組まれています。
  • ⑪作業2日目の昼一番の作業です。 2階の桁をカケヤで叩いて納めています。ちなみにこの桁を叩いているのは私です(笑) ⑪作業2日目の昼一番の作業です。 2階の桁をカケヤで叩いて納めています。ちなみにこの桁を叩いているのは私です(笑)
  • ⑫同じか所の桁がなかなか納まらず私に代わって代表(親父)がカケヤを振り上げています。建て方作業2日目は2階の外周りの桁を組むまで時間いっぱいでした。最近の家であれば2日間あれば屋根仕舞いまでは終わっていますよね。 ⑫同じか所の桁がなかなか納まらず私に代わって代表(親父)がカケヤを振り上げています。建て方作業2日目は2階の外周りの桁を組むまで時間いっぱいでした。最近の家であれば2日間あれば屋根仕舞いまでは終わっていますよね。
  • ⑬建て方作業3日目朝1番の作業です。古材(既存材)の屋根束とつなぎ梁を納めています。 ⑬建て方作業3日目朝1番の作業です。古材(既存材)の屋根束とつなぎ梁を納めています。
  • ⑭長さ約5Ⅿの杉の大梁を吊り上げている様子です。
2階の座敷の欄間の上に納まります。この大梁を2本納めます。 ⑭長さ約5Ⅿの杉の大梁を吊り上げている様子です。
    2階の座敷の欄間の上に納まります。この大梁を2本納めます。
  • ⑮大梁をカケヤで叩いて打込んでいますが、打込み代が30センチほどあるのでなかなか入りませんでした。しかも反対側は若い大工さん2人掛りでもう打込んで納めています(汗) ⑮大梁をカケヤで叩いて打込んでいますが、打込み代が30センチほどあるのでなかなか入りませんでした。しかも反対側は若い大工さん2人掛りでもう打込んで納めています(汗)
  • ⑯大梁2本目です。この梁も2対1で納めています。
この梁もなかなか入らず納めるのに時間と体力を使いなかなかの強者でした。(笑) ⑯大梁2本目です。この梁も2対1で納めています。
    この梁もなかなか入らず納めるのに時間と体力を使いなかなかの強者でした。(笑)
  • ⑰大梁が2本架かるとその大梁に地高梁を打込んでいます。
既存の建物にも敷梁と地高梁は組んでありましたが、材木断面が少し小さく敷梁が屋根の重さに耐え切れず下がっていたので新材の大梁に替えて地高梁も新材に替え、古材の敷梁は、2母屋分上に上げて二重梁に古材の地高梁も二重梁に架かる中高梁として新しい建物でももう100年役割を果たしてくれています。 ⑰大梁が2本架かるとその大梁に地高梁を打込んでいます。
    既存の建物にも敷梁と地高梁は組んでありましたが、材木断面が少し小さく敷梁が屋根の重さに耐え切れず下がっていたので新材の大梁に替えて地高梁も新材に替え、古材の敷梁は、2母屋分上に上げて二重梁に古材の地高梁も二重梁に架かる中高梁として新しい建物でももう100年役割を果たしてくれています。
  • ⑱大梁や地高梁を納めないと北側の妻桁が待ちアリ(逆アリ)になっていたのでこの妻桁が桁廻り1番最後になります。
このあとは屋根の小屋組を組んでいきます。 ⑱大梁や地高梁を納めないと北側の妻桁が待ちアリ(逆アリ)になっていたのでこの妻桁が桁廻り1番最後になります。
    このあとは屋根の小屋組を組んでいきます。

物件スペック

地域名 熊本県 阿蘇市
工事期間 500日
築年数 92年
2017年12月末竣工

090-2854-1867(ホームページ管理者)お電話

資料請求・お問合せ

資料請求
お問合せ