ブログ

rss

建築専門学校時代の友人の熊本地震復興古民家再生工事!棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2017/09/15(金) 22:13

この間、とても嬉しい出来事が!
白木建設のホームページを見て問い合わせして下さったお客様のお宅を現場調査
する為お客様のお宅に伺い現場を調査して今後の工事のお話をして家の話や大工さんの話、
など色々な話をしている時になぜ白木建設のホームページを見て問い合わせをして下さったのかと
聞くと奥様が子供の頃父から日本の大工さんは凄い!という話をよく聞いていたそうで
そういった大工さんはもういないかな?っとネットで色々探して白木建設のホームページを見つけた
そうです。その話をする奥様が涙ながらに私の取り組みに賛同して頂き思わず私もグッ!と
来るものがありましたがグッ!とこらえてお話を聞きました。
木造建築の本物を追い求め誰もが出来る大工仕事をしても生き残れない。
せっかく大工になったのだから本物の家を造りたくさんの家を長く最低100年残そうと
頑張ってきた甲斐がありました。
わかる人にはわかる!わかってくれる人がいる!ことに嬉しく思いまだまだやらないといけないと思いました。

このことを機に自分のブログってどんな感じなんだろう?とか思い他の工務店のホームページを覗いてみると
私がアップしている様な感じで工事の流れを工程ごとに
写真を2,3枚アップしてコメントを書いているホームページが多いのに気付きました。
工事の流れより私はやっぱり棟上げの建て方の様子をたくさん見たいと思いました。
ということで私の勝手な判断で今日のブログはだいぶ前にアップした熊本地震で被災した
92年前の建物を一度丁寧に解体して悪い部材を太く強い物に交換して建ている建て方の
様子をアップしたいと思います(^^)

この画像は、一階の大黒柱に梁を差し桁に梁を打ち込んでいる様子です。

大黒柱に差したホゾに日付、屋号、携わった大工さんの名前などが書いてあります。
昔の建物にも書いてありますよ。

昔のながらの伝統的な柱と桁や梁をつなぎ合わせる仕口です。
ここにも何やら書いてあります。

朝から作業して夕方までにここまで組み上がりました。

次のブログも建て方の様子をアップしたいと思います(^^)

 

建築専門学校時代の友人の熊本地震復興古民家再生工事!棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2017/09/06(水) 00:26

真夏の暑さからするとだいぶ涼しくなって来ましたねぇ~。
こういう季節はバーベキューなんかすると最高ですよねぇ~。
ってこの間の日曜日に地域の子供会のメンバー親子とバーベキューをして
最高に美味しくて、楽しい時間でした。
一通り肉を食べた後子供達がスイカ割りを始め楽しそうにやっていました。
しかしスイカがなかなか割れず子供たちも2回づつやってもヒビが少し入っている
くらいでした。周りの父兄も私がそろそろやりたいのを察知して『最後割っちゃって下さい。』
と言われ、『よーし!俺に任せろー!』っと30年以上ぶりに目隠しし木の棒を持って
子供たちに誘導されスイカの近くまで行きちょっとズルして軽くスイカを木の棒で探り
子供たちからもOKが出たので思いっきり棒を振り下ろすと何だかいい感触!これは当たった!と目隠しを
外すと何と!木の棒が真っ二つに折れていました…。酔っぱらっていたせいか加減がわからず
やり過ぎてしまいました…。しかも棒は一本しかなかったので終いには目隠しもせず子供たちが2つに折れた棒で
叩きだしスイカが割れゲームセット!子供たちは手づかみでスイカを食べていました(^^)
子供たち。大人気ないオッチャンでゴメン!
てなわけでとても楽しい時間でした(^^)

あっ~!長かった(^^)では今日もブログを更新したいと思います!
今日は、この間棟上げした厨房棟の屋根終いの様子をアップしたいと思います。

この画像は垂木を打って野地板の小巾板を張って屋根終いが終わった様子です。

この画像も屋根終いの様子を東側から撮った様子ですが奥に見えているのが店舗棟ですが
建物が大き過ぎて入りきれず右側が切れてしまっています。
近くで見ると本当にデカイです。

この画像も、やはり東側から屋根終いの様子を撮った写真です。
上の画像で写ってなかった右側の部分を撮りました。

次のブログでは防水のルーフィングを張って板金を葺いている様子をアップしたいと思います。


 
住宅業界ニュース