宗像市で省エネ住宅エコポイント、入母屋・純和風・平屋なら白木建設(宗像建築組合員・九州土壁の家懇話会会員)

福岡県宗像市冨地原1361-6

090-2854-1867(ホームページ管理者)

営業時間:午前8時から午後6時

ブログトップブログトップ

リフォーム施工例を久しぶりに追加更新しました(^^)棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2021/06/12(土) 17:36

数年前に竣工した熊本地震復興古民家再生工事をリフォーム施工例に追加更新しました。

タイトルは、【熊本県 阿蘇市 古民家レストラン  阿蘇  はなびし】建築専門学校時代の友人の
熊本地震復興古民家店舗再生工事  【通し柱手刻み 、通し柱差し合わせ編】です。
本日リフォーム施工例にアップしていますので是非ご覧ください(^^)またまたマニアックな
職人仕事をアップしていますのでよろしくお願い致します。
まだまだいっぱい施工例の画像は撮りためているのでドンドンアップしたいのですが現場作業が
忙しくなかなかアップ出来ませんが時間を見つけて頑張って追加更新していきたいと思います(^^)

【宗像市 M様邸】 築45年の玄関ドア取替え工事 (宗像市 白木建設)棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2021/06/08(火) 21:15

この間、久しぶりに愛車を洗車したのですが、やっぱり愛車が綺麗になると
テンション上がってどこか遠くにドライブしたい気分でしたが長男坊の野球の練習に
行くようにしていたので練習のお手伝いをしましたが何もなければどこかあてもなく
ドライブしていたでしょうね(^^)

さて今日のブログは、築45年の御宅の玄関ドアをリクシルの玄関ドアに取り替えるリフォーム工事の様子を
アップしたいと思います。

玄関ドア取替え工事の着工前の様子です。
軽量鉄骨で玄関ドア枠の骨組みが作られていました。

既存玄関ドアと軽鉄の枠を解体した状態の様子です。
私は、この現場の作業はせずに他の現場に入っていたので写真だけ取りに来たのですが
この後木材で枠を組んでリクシルの玄関ドアを取り付けます。

玄関ドア取替え工事のリフォーム完了です。
父親が1人で枠を組んで玄関ドア枠を取り付け玄関ドアを吊り込む時にさすがに1人では
無理だったらしく私に電話があり夕方近くに現場に行き2人で吊り込みました。
ステキな玄関に生まれ変わりました(^^)

次回のブログは、畳の部屋をフローリングにした現場の様子をアップしたいと思います。

本物の家を追求、探求し伝統を伝承し伝説を目指す!  宗像市  白木建設

 

シロアリに注意!棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2021/06/04(金) 16:38

長い間 ブログを更新せずすみません。
連休明けから何かと忙しくブログ更新が出来なくて今回久しぶりの更新です。

今日も、シロアリの被害の様子をアップしたいと思います。

数ヶ月にわたってブログにアップしてきたお宅の桁を入れ替え作業場に持って帰って来た材木です。
アリの仕口のところをシロアリが食い荒らしています。叩くと『カポカポ』と音がします。
桁のほとんどを食い荒らし赤身の部分のみしか残っていませんでした。
柱が被害にあってなかったので辛うじてもっていた感じです。

アリの仕口のところは春目の柔らかいと部分を食って冬目の硬い部分を残してほとんど
食べています。

シロアリは、明かりを嫌いますので材木の外側の冬目1枚を残して春目の部分を上手に食い荒らしています。
こうなる前に家のメンテナンスを小まめに行いましょう。
桁を取り替えるとなるとかなりの工事費がかかります。
大切なお宅をシロアリの被害から守りましょう。

次回のブログからまた工事の様子をアップしていきたいと思います。

本物の家を追求、探求し伝統を伝承し伝説を目指す!  宗像市  白木建設

この時期!シロアリに注意!棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2021/05/10(月) 09:55

数ヶ月に渡りシロアリ被害のお宅の再生改修補強工事の様子をブログにアップ
してきましたが、シロアリ被害の恐ろしさを持ち家を持たれている皆様に
お伝えしようと思います。

シロアリ被害にあわない為の処置としては湿気を帯びた木材を作らないという事です。
水回りの漏水や雨漏り、庭などに湿った木材などを放置しないなどの対策をしてないと
シロアリに家の中に侵入されると木材を食い荒らし、大切な我が家に甚大な被害をもたらします。
今日は、シロアリ被害の様子の写真をアップしたいと思います。

天井を解体すると2階まで伸びたの通し柱と桁の接合部にシロアリの巣を発見。
この下にサッシがあったのですが全く動かず下がり始めていました。

シロアリの巣があった外壁を解体し構造材をあらわにしたら恐ろしい光景が広がっていました。
2階まで伸びた通し柱と桁の接合部は食い荒らされ大きな穴がポッカリ空いています。
写真左側のここ数年全く動かなったサッシが頑張って支えてくれていたような状況でした。
もちろんこのような状態でもしっかり補強して再生する事は可能です。

シロアリ被害にあった構造材を全て差替え補強してアルミサッシも新しいものに入れ替え元の家より
強度を増して構造体を再生しました。
このお宅のお施主様は他の工務店に相談したら建て替えた方が良いでしょう。と言われたそうで
建て替えるには大変な事になるとインターネットで白木建設にたどり着き改修出来ますかの問いに
出来ますと答えるとそこからお付き合いが始まり今もなお良いお付き合いをさせて頂いています。

ここまで改修出来ればあとは新築工事と同じようにモルタル壁を塗って塗装工事をすれば
新築同様の仕上がりになります。

ただシロアリは大切な我が家ににとってとても恐ろしい存在です。
まずは水回りや床下、屋根、外壁などに水が浸入しないように日頃からお宅のメンテナンスをする事が大切です。
人間と一緒でお手入れをして上げないと家はどんどん劣化していきます。
大切な我が家をシロアリから守りましょう!

本物の家を追求、探求し伝統を伝承し伝説を目指す!  宗像市  白木建設

 

【遠賀郡 Y様邸】築45年の入母屋造りの屋根改修再生工事 (入母屋瓦噴き完了編)(宗像市 白木建設)棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2021/04/23(金) 17:47

この間の夕方作業場で次の日の道具や材木を積み込みしていると小学3年生の三女が
『パパ~。なんしよん?』というので『明日の仕事で使う道具や材料を積みよるんよ』と言うと
『偉いね~。私はいつも学校の用意を後回しにしてしまうんよね~。』と言うので
『朝、慌てて用意すると忘れ物するやろ?だけんパパは前の日から用意してもし忘れ物が
あっても朝に積み込めばいいやろ。』と言うと『ふ~ん。パパ偉いね。私も忘れ物せんように
前の日から用意する様にしよっ!』と言っていました。かわいいですね。
とうとうパパと呼んでくれるのは三女だけになりました。そのうち三女もお父さんと呼ぶ様に
なるんでしょうね😊

さて今日のブログもシロアリ被害にあった入母屋屋根再生改修工事の完了の様子をアップしたいと
思います。

入母屋側の妻桁を入れ替える前の写真です。

入母屋側の妻桁から上の材木が新しくなっているのがわかりますかね。

入母屋側の軒の反りを撮ったのですが綺麗に反りが出ています。ここからは自己満足の写真です(^^)

隅木部分を下から撮った様子です。これも自己満足ですが私はこういうところが
入母屋屋根の美しさではないかなぁ~。と思います。

入母屋屋根を正面から撮った様子ですがとても優美で軒の反りが綺麗に出ています。

次回のブログではシロアリの被害の恐ろしさを伝えるためシロアリ被害の写真をアップしたいと思います。

本物の家を追求、探求し伝統を伝承し伝説を目指す!

バックナンバー

090-2854-1867(ホームページ管理者)お電話

資料請求・お問合せ

資料請求
お問合せ