宗像市で省エネ住宅エコポイント、入母屋・純和風・平屋なら白木建設(宗像建築組合員・九州土壁の家懇話会会員)

福岡県宗像市冨地原1361-6

090-2854-1867(ホームページ管理者)

営業時間:午前8時から午後6時

ブログトップブログトップ

【遠賀郡 Y様邸】築45年の入母屋造りの屋根改修再生工事 (入母屋隅木口脇線墨付編)(宗像市 白木建設)棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2020/09/25(金) 18:54

最近、現場作業や見積やブログ更新やホームページ更新などやらなきゃいけない仕事が
山積みですが頑張って一つ一つこなしていきたいと思います。

今日もブログにアップするのは築約45年のお宅に白蟻が発生し2階の松梁と桁などに害を及ぼし
1階の入母屋造りの屋根の構造材のほとんどに害を及ぼし補強、改修再生工事を早急にしないと
いけない状態でいつもお世話になっている白蟻防蟻駆除業社からこの御宅を補強、改修出来る大工さんを
探しています。と連絡があり現場を視察、調査して補強、改修再生工事を受注した現場の様子を
アップしたいと思います。

八番通りの桁に妻桁と鼻木をアリ掛けする為の墨付けが完了しました。
この後、入母屋には欠かせない隅木の落とし掛かりの口脇線の墨を付けていきます。

八番通り桁に隅木の落とし掛かりの口脇線を墨付けした様子を入り中側から撮った写真です。
このお宅の隅木は棒隅木と言って桁に対して45度で隅木が掛かってくるので本中の中心点を通る
45度の隅木芯を付けて隅木幅の半身寸法を振り分けて付け屋根勾配が4寸勾配なので隅木成から
垂木成を引いて口脇の下り寸法を計算して下り寸法を付けます。

八番通り桁に妻桁と鼻木をアリ掛けする為の墨を付けた様子を出中側から撮った写真です。
この後隅木の落とし掛かり部の口脇線を付けていきます。

八番通りの桁に隅木の落とし掛かり部の口脇線を墨付けが完了した状態を出中側から撮った写真です。
隅木芯と隅木幅の墨を桁の上に付けたら口脇線の下り寸法を計算して口脇線の下り寸法を出中側の
隅木下端の水上側に出してその下り寸法から隅木下端の口脇線(隅木勾配4寸の半勾配即ち2寸勾配)
を付けて隅木の落とし掛かり部の口脇線の墨付け完了です。

隅木の落とし掛かり部の口脇線の出し方を簡単に説明しましたが上記と同じ出し方で4番通り桁にも
墨を付けて8番通り桁と抱き合わせて撮った写真です。
こうして並べると少し隅木が掛かってくるのがイメージしやすくないですか?

次のブログでも入母屋の隅木の落とし掛かり部の口脇部の切込み及び刻みの様子を
アップしたいと思います。

本物の家を追求、探求し伝統を伝承し伝説を目指す! 宗像市 白木建設


 

【遠賀郡 Y様邸】築45年の入母屋造りの屋根改修再生工事 (小屋組改修墨付編)(宗像市 白木建設)棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2020/09/18(金) 06:29

最近の状況は梅雨が長かったせいか外作業が溜まりお客様をお待たせしている状態です。
それに加えて現場見積調査依頼、積算見積などやらなきゃいけない事が山積みです。
1つ1つ丁寧に工事していきますので待って頂いているお客様もう少しお待ち下さい。

今日もブログにアップするのは築約45年のお宅に白蟻が発生し2階の松梁と桁などに害を及ぼし
1階の入母屋造りの屋根の構造材のほとんどに害を及ぼし補強、改修再生工事を早急にしないと
いけない状態でいつもお世話になっている白蟻防蟻駆除業社からこの御宅を補強、改修出来る大工さんを
探しています。と連絡があり現場を視察、調査して補強、改修再生工事を受注した現場の様子を
アップしたいと思います。

1階の入母屋部分の桁から上の小屋組部分は白蟻にほとんど食い荒らされ今回の改修工事で
桁、小屋梁、隅木、母屋の小屋組を屋根瓦を剥いで小屋組を解体して元通りに改修します。
その為の桁材と太鼓梁を作業場に搬入した様子です。

杉材の妻桁と杉材の太鼓梁です。いつもの製材所から仕入れた赤身の張った良質な
国産材です。この構造材を墨付して立派に組み上げたいと思います。

今回、入母屋部分の瓦と小屋組を1度解体して新規に瓦と小屋組を造り直して元の建ち姿に
復旧改修します。その為には欠かせない図板です。図板には平面図と小屋組の断面図を書いています。

次回のブログではこの図板を使って桁や梁の墨付の様子や太鼓梁の皮剥き加工の様子を
アップしたいと思います。

本物の家を追求、探求し伝統を伝承し伝説を目指す! 宗像市 白木建設

 

【遠賀郡 Y様邸】築45年の入母屋造りの屋根改修再生工事 (松梁補強編)(宗像市 白木建設)棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2020/09/09(水) 05:48

最近 少しだけ涼しくなって来たような?現場で仕事しているとそう感じる今日この頃です。

今日もブログにアップするのは築約45年のお宅に白蟻が発生し2階の松梁と桁などに害を及ぼし
1階の入母屋造りの屋根の構造材のほとんどに害を及ぼし補強、改修再生工事を早急にしないと
いけない状態でいつもお世話になっている白蟻防蟻駆除業社からこの御宅を補強、改修出来る大工さんを
探しています。と連絡があり現場を視察、調査して補強、改修再生出来ますか?と不安そうに聞かれたのですが
もちろんです!白木建設の得意分野です。と言うと白蟻防蟻駆除業社の担当の方が『良かった~。』と言われ
受注した工事をアップしたいと思います。

松梁を両側から補強梁で挟んでボルトを掛けた後、梁の下端にアンコ材を取り付けて
ボルトをガッチリ締め付けて松梁の補強完了です。

アンコ材を取り付けて補強完了後、下から見るとこんな感じです。
写真右側の妻桁も補強材をスクリューボルトで締め付けて補強しています。
これで2階の松梁と妻桁がきっちり補強できました。

次回のブログでは、1階部分の入母屋屋根を剥がして小屋組、小屋梁、桁、妻桁を解体して
小屋組を全て造り替える為、構造材の墨付けの様子をアップしたいと思います。

本物の家を追求、探求し、伝統を伝承し伝説を目指す!

【遠賀郡 Y様邸】築45年の入母屋造りの屋根改修再生工事 (松梁補強編)(宗像市 白木建設)棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2020/08/28(金) 15:03

毎日、毎日暑いですね~(^^)流石に私も家に帰ってシャワー浴びて夕飯を食べたら
10時頃には寝ています(^^)睡眠時間を長くしても疲れがとれないような気がします。
しかし、食欲は落ちないので体重も落ちないですねぇ~(^^)ビールはうまいし(^^)

さて今日のブログもこの間からアップしている白蟻被害の入母屋住宅の補強工事の様子を
アップしたいと思います。

この間、アップしたホゾ穴に補強材のホゾを差し込んで厚み45mmx補強梁背300mmの杉の補強材を
蟻害のあった松梁を両側から挟み付けて補強材と松梁をボルトで締め付けて補強しています。

真下から見るとこんな感じです。既存の松梁を貫通して両側の杉の補強材とをボルトで締め付けているので
両側の杉の補強材がしっかり屋根荷重を支えるように補強しました。

次回のブログも補強完了の様子をアップしたいと思います。

本物の家を追求、探求し、伝統を伝承し伝説を目指す!  宗像市  白木建設

【遠賀郡 Y様邸】築45年の入母屋造りの屋根改修再生工事(松梁補強編) (宗像市 白木建設)棟梁の仕事ブログ

投稿日時:2020/08/21(金) 06:16

日頃ブログばかり更新していますが実は施工例の写真もたくさん溜まっていまして
施工例もドンドンアップしていきたいのですがなかなか思う様にいきません。
現場作業も梅雨が長かったのでお客様に待って頂いている状態なので気合い入れて
仕事していきたいと思います。

今日もブログにアップするのは築約45年のお宅に白蟻が発生し2階の松梁と桁などに害を及ぼし
1階の入母屋造りの屋根の構造材のほとんどに害を及ぼし補強、改修再生工事を早急にしないと
いけない状態でいつもお世話になっている白蟻防蟻駆除業社からこの御宅を補強、改修出来る大工さんを
探しています。と連絡があり現場を視察、調査して補強、改修再生出来ますか?と不安そうに聞かれたのですが
もちろんです!白木建設の得意分野です。と言うと白蟻防蟻駆除業社の担当の方が『良かった~。』と言われ
受注した工事をアップしたいと思います。

2階の和室の天井を剥いで蟻害のある松梁に補強を施す前の様子です。
改めて松梁を調査すると外側の白太の部分はほとんど蟻害があり赤身部分と小屋組でもっている状態でした。

この画像も同じ松梁を角度を変えて撮った写真です。
見た目だけでは分かりませんが叩くと中身が詰まってない『かぽかぽッ!』という音がします。

松梁の両端に杉の赤身の補強板を取付ける為のホゾ穴を鑿で彫った様子です。
梁の下に蟻道の跡があるのがお分かりでしょうか?完全に松梁に入っていっています。

この画像も松梁の両端に杉板を補強する為、鑿でホゾ穴を彫った様子です。

補強を施す為のホゾ穴が彫り終わりました。

次のブログでは補強板の取付の様子をアップしたいと思います。

本物の家を追求、探求し、伝統を伝承し伝説を目指す!  宗像市 白木建設

090-2854-1867(ホームページ管理者)お電話

資料請求・お問合せ

資料請求
お問合せ